ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ

Vino Nobile di Montepulciano DOCG 規定

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノDOCG

原産地呼称法

1966年にDOCワインとして認定され、1980年、DOCGが制定された際に初昇格した4銘柄のうちの1つとなる。

ブドウ品種

サンジョヴェーゼ種(プルニョーロ・ジェンティーレ種)70〜100%。ブレンドする場合、残りは地元の黒ブドウを使用。

ただし、5%まではアロマ系ではない白ブドウの使用を認める。

生産地域

シエナ県モンテプルチアーノ市の丘陵地帯。ただし250m〜600m以内の標高の場所。

1haあたりの最大ブドウ収穫量

8000kg

最低アルコール度数

12.5%

タイプ

ベース 少なくとも24カ月の熟成(そのうち12カ月は木樽での熟成とする)。

リゼルヴァ 少なくとも36カ月の熟成(そのうち12カ月は木樽での熟成とする)。最低アルコール度数13%

Rosso di Montepulciano DOC 規定

ロッソ・ディ・モンテプルチアーノDOC

原産地呼称法

1988年にDOCワインとして認定

ブドウ品種

サンジョヴェーゼ種(プルニョーロ・ジェンティーレ種)70〜100%。ブレンドする場合、残りの30%は地元の黒ブドウを使用。

ただし、5%まではアロマ系ではない白ブドウの使用を認める。

生産地域

シエナ県モンテプルチアーノ市の丘陵地帯。ただし250m〜600m以上の標高の場所。

1haあたりの最大ブドウ収穫量

10000kg

最低アルコール度数

11.5%

タイプ

ベース 収穫の翌年3月1日以降に出荷可能


ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ組合のテイスティングロケーション